親との距離感・子どもとの距離感は早めに知っておいた方が人生が楽しくなる

家族と自分の距離感は早めに知っておいた方が楽になれます。

人間関係は占いが得意とする分野の一つです。
その中でも家族との距離感は悩みの種になることが多く、でも、我慢してしまっている厄介な問題です。

自分からみた親との関係、自分からみた子どもとの関係、ストレスが掛かることは多いです。
こういうのは占いが良いです。

セラピーとかカウンセリングとか、そういう「今をケアする」対処の仕方よりも、もっと根本的なことがハッキリするからです。
でも、家族との関係というのは、常識や世間体などが影響する上に「一緒に居ること」というのが暗黙の了解になっていることもあるため、「自分と親との関係、子どもとの関係」を知ってもしょうが無いって思っているところがあります。

このため、家族の事で悩んでいても最初の方では口から出てこず、鑑定の最後の方で「実は親となかなかうまく行かなくてとか、子どもとどういう風に接したら良いのか迷っていて」って話が出てきます。

でも、結構簡単に方向性が出ます

関係性でストレスが掛かっている場合、大抵は構い過ぎ、近づきすぎが多いです。
もちろん、自分が近づかなくても親が近づいてくるっていうのもあります。

大切なことは、「どういう状況になると辛くなりやすいか」ということを知っておくことです。
これが分かるようになると相当楽になります。

だって、「辛いな~」って感じたら「あ!距離をあけなきゃ!」って分かるからです。
これが自分を知るために占いを活用するメリットです。

困ったときに自分はどんな風にすれば良いかっていう目安が分かるからです

これは子どもとの接し方でも同じです。
子どもが言うことを聞かない、あるいは子どもが何を考えているか分からない、そういう場合でも目安があります。

親との接し方、子どもとの接し方という一般的な情報はたくさんあります。
それはそれで役立ちますが、「自分はどうすれば良いか」というのは分からないです。

だから迷う。
占いの良いところは「自分」はどうしたら良いかを教えてくれることです。

親との距離感、子どもとの距離感は一生続くものです。
はやく知ることが出来れば出来るほど、楽になれます。
あ、これは旦那さんとか奥さんとかの距離感もおんなじ事です♪