子どもの進学が大凶方位でどうしようか困ったとき

子どもの進学について基本的に方位で鑑定をすることはまずないので、凶方位だからと心配はいらないです。

これは小学校から大学までどの学校の進学であっても共通します。
どの段階の進学でも凶方位というだけで進学の可否を決めることは無いですし、それはおかしいです。

まず、どうして子どもの進学について方位鑑定をすることが無いのかというと、子どもの進学を方位でコントロールすると後で問題が大きくなるからです。
親は子どものためと想っていろいろと気に掛けます。

しかし、子どもも子どもなりに考えていたりします。
もちろん、子どもの性格もあります。

友達もいます。
そういった背景が凶方位というだけで無視されることになると辛いです。

なによりも進学後の学校活動の方位はコントロール出来ません

学校生活も考えると子どもに関して方位をコントロールしようとするのは相当無理があり、無理をすればするほど子どもにとって「占いは嫌」という気持ちがすり込まれていきます。
このため子どもの進学について、特に方位を意識して判断するのは止めた方が良いです。

方位を優先するというのもおかしな話です。
子どもを進学させるのは「子どもに幸せになって欲しい」という想いがあるはずです。

それがいつの間にか、運の良い人生を歩んで欲しいという想いに切り替わっています。
運が良いことが目的では無く、運を良くすることは幸せになるための手段のはずです。

運が良くても良くなくても、子どもが幸せならその選択が正しいです

ところが、これが逆になって「運が良いことが幸せだ」ってなりやすいので親も迷うわけです。
結果として大凶方位に進学することになるからどうしようって不安になります。

実際に鑑定をする時は、候補となっている学校の校風や生徒の感じや先生の感じと子どもの資質や生き方を最も重視します。
その学校に行くことが子どもにとって幸せになるかどうかを占うわけです。

規則がしっかりした学校の方がよい子もいれば、自由な校風が合っている子もいます。
進学校の方が良い事もあれば、無理をしない学校の方が良い事もあります。

気をつけたいのは、親がこうしたいと思っていることと、子どもの資質に合わせるということは基本的に違うということです

親は勉強させたいと思っていても、子どもがそういう感じじゃ無いなら、進学校に行かせる選択をすると無理を掛けることになります。
進学校がだめなのではなく、親の想いと子どもの資質をすり合わせた方があとあとうまくいくよねってことです。

こういう感じであれこれと鑑定を進めていくと、どこの学校が良いかというのは自然にたどり着きます。
私が学校を選ぶのでは無く、相談者が自分で気がつく感じです。

私は学校を知らないので、私がどうのこうのと言うことはもともと無理ですし(笑)
それでもいくつか候補が出てきて決めきれないときに初めて方位を活用します。

そうすれば、どの学校が「より良いか」というのが分かってきます。
大抵はその前にどこに行ったら良いかはっきりするものです。